企画展

愛知県美術館リニューアル・オープン記念 全館コレクション企画 アイチアートクロニクル1919-2019(予定)

Aichi Art Chronicle: 1919-2019

尾沢辰夫《鴨》1938年 油彩、キャンバス 愛知県美術館

 愛知県美術館は、20194月にいよいよ全館リニューアル・オープンを迎えます。そのちょうど100年前の1919年、東京の洋画グループ「草土社」に触発されて、愛知に暮らす1020代の若者たちが一つの展覧会を開催しました。「愛美社」と名付けられたこのグループは、中央から強い影響を受けながらも、あくまで愛知に軸足を置いた活動を展開します。本展は、この1919年を起点に2019年の現在にいたるまでの100年のあいだ、愛知のアートシーンを様々なかたちで揺り動かしてきたムーブメントや事件を、愛知県美術館をはじめとする地域のコレクションによってご紹介します。

基本情報

[会期]

2019年4月2日(火)〜6月23日(日)

[会場]

愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

[開館時間]

10:00〜18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

[休館日]

毎週月曜日(ただし4月29日[月・祝]、5月6日[月・祝]は開館)、5月7日(火)

[観覧料]

一般 500(400)円
高校・大学生 300(240)円
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

[主催等]

愛知県美術館

関連イベント