沿革

1952年 サンフランシスコ講和条約記念事業の一環として、県議会が愛知県文化会館建設を議決。
1953年 藤井達吉関連資料一式を受贈。
1955年2月2日 愛知県文化会館美術館開館。
1961年 美術品購入費が認められ、本格的な収集活動を開始。
1962年 愛知県文化会館美術館友の会発足。
1969年 美術品購入要領を定め、購入費を増額。
1972年 美術品購入要領を改正、所蔵美術品選定審査会議を設置。
1979年 愛知県文化会館美術館常設展示室を開室。
1982年 愛知県文化会館美術品収集方針を策定。
1983年 愛知県新文化会館(仮称)の検討を開始。
1985年 愛知県新文化会館構想懇談会が、基本構想を提出。
1986年 愛知県新文化会館の建設基本計画を提言。
1988年 愛知県美術館(仮称)美術品収集方針を策定、美術品等取得基金および美術品収集委員会を設置。
1991年 愛知芸術文化センターの名称決定。
1992年10月30日 愛知県文化会館美術館を閉館、愛知県美術館を開館。
1994年4月 小中学生の所蔵作品展(現・コレクション展)観覧料を無料化。
1994年10月 愛知県美術館友の会発足。
2002年10月 オアシス21がオープン、愛知芸術文化センターが栄地下街と直結。
2003年1月 文化庁公開承認施設として承認される。
2003年4月 木村定三コレクションを受贈。記念室(現・木村定三コレクション室)を開室。
2010年8月 あいちトリエンナーレ2010開催。
2013年8月 あいちトリエンナーレ2013開催。
2014年4月 愛知芸術文化センターの管理運営体制の変更により、愛知県文化情報センターの映像部門を美術館へ移管。
2016年8月 あいちトリエンナーレ2016開催。
2017年11月 改修工事実施のため休館。
2018年11月 愛知県美術館ギャラリー(8階)をリニューアルオープン。
2019年4月(予定) 愛知県美術館全館をリニューアルオープン。