コレクション展

2020年度第4期コレクション展

From the museum collection 2020: fourth period

石場文子《2と3、もしくはそれ以外(わたしと彼女)─台所─》2019年 インクジェットプリント

※「ご来館されるみなさまへのお願い」をよくお読みの上、ご来館ください。

展示室5 令和2年度新収蔵作品展 新しい術(すべ)

令和2年度に収蔵した作品のうち、2000年代以降に制作・発表されたものを展示します。固定したかたちを持たないインスタレーションやパフォーマンスといった表現や、ポップカルチャーや工芸を取り込んだ表現など、コンテンポラリー・アートの多様な実践をご紹介します。

展示室6 ナザレ派とウィーン分離派──令和元年度新収蔵版画を中心に──

令和元年度に受贈した約180件の西洋版画の中から挿絵本などナザレ派に関係する作品を、同じく受贈の西洋版画を中心にウィーン分離派に関係する作品を、クリムトの《人生は戦いなり(黄金の騎士)》とともに展示します。

展示室7 熊谷守一と仙厓──新年のお祝い──

熊谷守一の書や日本画とともに、江戸時代中期の画僧仙厓の禅画を展示します。木村定三氏が収集した二人の作家には禅という共通点があります。新年を祝うめでたい作品をお楽しみください。

展示室8 木村定三コレクション 木村定三 利休流無作法茶会

木村定三氏が1973(昭和48)年に初めて行った茶会「利休流無作法茶会」を紹介します。この茶会はひな祭りをテーマにしています。桃の節句とともに実感する春の訪れを、木村氏による選りすぐりの作品と独創的な演出を通してお楽しみください。

基本情報

[会期]

2021年1月15日(金)~4月11日(日)

[会場]

愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

[開館時間]

10:00~18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

[休館日]

毎週月曜日

[観覧料]

一般 500(400)円
高校・大学生 300(240)円
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

[主催等]

[主催] 愛知県美術館