企画展

コートールド美術館展 魅惑の印象派

Masterpieces of Impressionism: The Courtauld Collection

《フォリー=ベルジェールのバー》エドゥアール・マネ
1881-82年 油彩・カンヴァス 96×103 cm コートールド美術館
(c)Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

 ロンドンのコートールド美術館は、美術史と保存修復における世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の美術館として、1932年に設立されました。特に創設者のひとり、サミュエル・コートールドが収集したフランスの印象派・ポスト印象派の作品は、世界屈指のコレクションと評されています。本展はその中からエドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》、ピエール=オーギュスト・ルノワールの《桟敷席》、ポール・セザンヌ《カード遊びをする人々》をはじめ、選りすぐった絵画や彫刻を多数展示いたします。また、コートールド美術館の研究機関という側面に着目し、長年にわたり蓄積されてきた研究成果も合わせてご紹介します。

基本情報

[会期]

2020年1月3日(金)〜3月15日(日)

[会場]

愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

[開館時間]

10:00〜18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

[外部サイト]

https://courtauld.jp/