愛知県美術館のご案内

ご利用案内

 1910〜20年代に起こったアヴァンギャルド映画を源流とする、映像表現の新たな可能性を切り拓く実験的な動向を、上映会形式で紹介します。平成26年(2014年)度より、愛知県文化情報センターの映像事業を引き継ぎました。

■主催事業

愛知県美術館コレクション作品上映会

和田淳子『ボディドロップアスファルト』2000年
Photo:首藤幹夫

デジタル・ビデオ黎明期であった2000年代初頭に、ビデオによるナラティブな表現を試みた先駆的作品として、「第6回スプリト国際新作映画祭2001」(クロアチア)でビデオ部門特別賞を受賞するなど高い評価を得た、和田淳子『ボディドロップアスファルト』(2000年)を上映します。

開催日 2017年6月18日(日)
会場 12階アートスペースA
入場料 無料

第22回アートフィルム・フェスティバル

 実験映画やビデオ・アート、ドキュメンタリー、アニメーション、自主制作映画など、既存のジャンル区分を越えた視点で作品を選出し、映像表現の先端的な動向を紹介する特集上映会です。
 昨2016年に没後10年を迎え、改めて注目を集めているビデオ・アートのパイオニア、ナム・ジュン・パイクにフォーカスしたプログラムや、音楽家・三輪眞弘と映像作家・前田真二郎によるモノローグ・オペラ『新しい時代』(12月8日(金)・9日(土)、愛知県芸術劇場小ホール)上演と連動した映像と言葉、音との関係を考察するプログラムを行います(予定)。

開催日 2017年11月21日(火)〜26日(日)
会場 12階アートスペースA
入場料 無料
■愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品

草野なつか『王国(あるいはその家について)』
(2017年)

 複合文化施設である愛知芸術文化センターが理念として掲げる“芸術の複合性”を、“身体”をキーワードとした新作の映像作品を制作することで具体化する、創作プログラムです。これまでに作られた作品は、国際映画祭への出品、受賞といった実績を重ねています。(これまでの作品は、アートライブラリーで視聴できます。)

愛知芸術文化センター アートライブラリー 別ウィンドウが開きます

 平成28年度制作の最新作は、『王国(あるいはその家について)』。『螺旋銀河』(2014年)で注目を集めた草野なつかが監督を担当。映画における“演技”とは何か、演じることは役者の身体やこころにどのように影響するのか、映画の根本的な命題を考察する試みです。2017年の「第22回アートフィルム・フェスティバル」で初公開します。

■共催事業

花開くコリア・アニメーション2017+アジア

 韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)、シネマコリアとの共催により、韓国とアジアの、インディペンデント・アニメーションの新しい動向を紹介します。

開催日 2017年6月10日(土)〜11日(日)
会場 12階アートスペースE・F

花開くコリア・アニメーション2017 公式サイト 別ウィンドウが開きます

イメージフォーラム・フェスティバル2017 

 イメージフォーラムとの共催により、“映像アートの祭典”と呼ばれる、作家性や芸術性、創造性の高い作品を世界中から集めた国内最大級の映像フェスティバルを開催します。

開催日 2017年6月22日(木)〜25日(日)
会場 12階アートスペースA、G

イメージフォーラム・フェスティバル2017 公式サイト 別ウィンドウが開きます


愛知県美術館〔愛知芸術文化センター10階〕

〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
TEL 052-971-5511(代) FAX052-971-5604 http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
E-mail:apma-webmaster@aac.pref.aichi.jp