愛知県美術館のご案内

ご利用案内

 1910〜20年代に起こったアヴァンギャルド映画を源流とする、映像表現の新たな可能性を切り拓く実験的な動向を、上映会形式で紹介します。平成26年(2014年)度より、愛知県文化情報センターの映像事業を引き継ぎました。

■主催事業

「名古屋のパフォーマンス−追悼 岩田信市と岸本清子」関連上映会

岩田信市 『ウォーキングマン』 1969年

 

 


 4月25日〜7月1日と7月28日〜9月24日に、名古屋市美術館の常設展「郷土の美術」で、昨年惜しくも亡くなられた岩田信市(いわたしんいち、1935-2017年)と、岸本清子(きしもとさやこ、1939-1988年)の作品が展示されます。この機会にあわせ、愛知県美術館が昨年度新収蔵した岩田の貴重な映像作品を上映します。生前、親交のあった岩田と岸本は、絵画の制作に重きをおきつつも、舞台、パファーマンスや映像などのジャンルにも積極的に関わる等、共通点を見出せます。戦後美術の特色ともいえる脱領域的な活動の一断面に触れる絶好の機会となるでしょう。(名古屋市美術館と共同主催)

※6月23日(土)の上映会は、18歳未満の方の入場を制限させていただきます。また、同日上映予定の岩田信市『大須パラダイス』は、一部映像をご覧いただけない箇所があります。あらかじめご了承ください。

開催日 2018年6月23日(土)、24日(日)  *岩田作品は6月23日(土)に上映予定  ※終了しました。
会場 名古屋市美術館2F講堂
入場料 無料

チラシ[PDF/460KB]PDF

第23回アートフィルム・フェスティバル

勅使川原三郎『T-CITY』1993年、

愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品

Photo: Martin Richardson

 

 実験映画やビデオ・アート、ドキュメンタリー、アニメーション、自主制作映画などの枠にもおさまらない、映像表現の先端的な動向を紹介する特集上映会です。
 愛知芸術文化センターの開館記念日にあたる10月30日に前後して開催する今回は、勅使川原三郎が監督し山口小夜子らが出演した『T-CITY』(1993年)等を取り上げ、映像とパフォーミング・アーツの関係性について考察します。また「オリジナル映像作品」最新作として完成した、小森はるか『空に聞く』(2018年)を初公開するとともに、事件や事故に向き合うことで撮影されたドキュメンタリー作品の特集も行います。

開催日 2018年10月26日(金)〜11月4日(日)〈予定〉
会場 12階アートスペースA
入場料 無料
■愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品

小森はるか 『空に聞く』 2018年、

愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品

 複合文化施設である愛知芸術文化センターは、“芸術の複合性”を理念に掲げ、“身体”をキーワードとして映像作品を制作。劇場と美術館を含む、これまでに作られた作品は、国際映画祭への出品や受賞といった実績を重ねています。(作品は、アートライブラリーで視聴できます。)

愛知芸術文化センター アートライブラリー 別ウィンドウが開きます

 平成29年度制作の最新作は、東日本大震災で被災した陸前高田で、津波で流失した店の跡地にプレハプを建て営業を続ける種苗店を取材したドキュメンタリー『息の跡』(2016年)で、高い評価を得た小森はるかが担当。『空に聞く』(2018年)は、小森が引き続き陸前高田に寄り添うように撮られた最新作で、同地で行われる災害FMの活動と、再生しつつあるコミュニティの姿を、繊細な感覚で掬い取っています。(「第23回アートフィルム・フェスティバル」で初公開を予定。)

■共催事業

花開くコリア・アニメーション2018+アジア  

 韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)、シネマコリアとの共催により、韓国とアジアの、インディペンデント・アニメーションの新しい動向を紹介します。

開催日 2018年8月4日(土)、5日(日)
会場 12階アートスペースE・F

花開くコリア・アニメーション2018 公式サイト 別ウィンドウが開きます

イメージフォーラム・フェスティバル2018

 イメージフォーラムとの共催により、“映像アートの祭典”と呼ばれる、作家性や芸術性、創造性の高い作品を世界中から集めた国内最大級の映像フェスティバルを開催します。

開催日 2018年9月26日(水)〜30日(日)
会場 12階アートスペースA、E・F

イメージフォーラム・フェスティバル2018 公式サイト 別ウィンドウが開きます


愛知県美術館〔愛知芸術文化センター10階〕

〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
TEL 052-971-5511(代) FAX052-971-5604 http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
E-mail:apma-webmaster@aac.pref.aichi.jp