見どころ

(1)

(2)

(3)

(1)長沢芦雪 重要文化財《龍図襖》《虎図襖》
1786(天明6)年
紙本墨画 襖各6面 無量寺・串本応挙芦雪館

(2)長沢芦雪 重要文化財《虎図襖》(部分)

(3)長沢芦雪 《薔薇蝶狗子図》
18世紀後半
絹本着色 一幅 愛知県美術館(木村定三コレクション)

長沢芦雪展
京(みやこ)のエンターテイナー

長沢芦雪(1754-1799)は円山応挙の門下で若くして高い画力を身につけ、さらに柔軟な感覚による個性を発揮しました。芦雪は大胆奇抜な発想で人を驚かせ楽しませようというサービス精神に富み、今日では伊藤若冲や曽我蕭白と並んで「奇想」の画家と称されています。

また他方で、芦雪が描く虎や龍が併せ持つ力強さとユーモア、仔犬や烏の人間臭さ、唐子や猿の豊かな表情と時おり見せる深遠な眼差し、そして抒情と妖しいまでの美しさに満ちた水墨の風景などには、江戸時代絵画の中でも特に率直な画家自身の心持ちが現れているといえるでしょう。本展では芦雪の多彩な表現をご紹介するとともに、奇想の奥に潜んだ彼の心境と画境の深化を探ります。

代表作とされる和歌山県無量寺の《龍図襖》《虎図襖》は、その両脇二間の障壁画と合わせて同寺のしつらえを展示室で再現し、芦雪が意図した空間構成を体感していただきます。