見どころ

(1)

(2)

(3)

(4)

(1)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》
1538年 油彩,カンヴァス
© The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18

(2)フランシスコ・デ・スルバラン
《聖母マリアの少女時代》
1660年頃 油彩,カンヴァス
© The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18

(3)ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール
《盗まれた接吻》
1780年代末 油彩,カンヴァス
© The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18

(4)ルカス・クラーナハ
《林檎の木の下の聖母子》
1530年頃 油彩,カンヴァス
© The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18

大エルミタージュ美術館展
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

ロシアが世界に誇るエルミタージュ美術館のコレクションより、16世紀のルネサンスから17・18世紀のバロック、そしてロココまでの、「オールドマスター」たちの絵画をご紹介する展覧会です。かつての帝政ロシアの首都サンクトペテルブルクに立つエルミタージュ美術館は、女帝エカテリーナ2世が1764年に取得した317点の絵画のコレクションを礎に、歴代皇帝たちが美術品を収集し続け、世界屈指の規模を誇る美術館となりました。「昔日の巨匠」を意味する「オールドマスター」とは、長い時の試練を耐えて西洋美術の歴史において揺るぎない地位と評価を得た古典的な巨匠たちを指しています。本展は、ティツィアーノやレンブラント、ルーベンスといったオールドマスターの絵画全85点によって、連綿と続くヨーロッパ絵画の醍醐味を堪能できる貴重な機会となるでしょう。