過去の企画展

過去の企画展

大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

会期 2017年7月1日(土) - 9月18日(月・祝)
会場 愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20:00まで
(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日
[ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)、9月18日(月・祝)は開館]および7月18日(火)
チケット料金 一般 1,600(1,400)円
高校・大学生 1,300(1,100)円
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、エルミタージュ美術館、中京テレビ放送
【後援】 外務省、駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦交流庁 (Rossotrudnichestvo)
【特別協賛】 大和ハウス工業
【協賛】 光村印刷、損保ジャパン日本興亜
【協力】 フィンエアー、フィンエアーカーゴ、日本貨物航空、日本通運

展覧会特設サイト
大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち 別ウィンドウが開きます

ロシアが世界に誇るエルミタージュ美術館のコレクションより、16世紀のルネサンスから17・18世紀のバロック、そしてロココまでの、「オールドマスター」たちの絵画をご紹介する展覧会です。かつての帝政ロシアの首都サンクトペテルブルクに立つエルミタージュ美術館は、女帝エカテリーナ2世が1764年に取得した317点の絵画のコレクションを礎に、歴代皇帝たちが美術品を収集し続け、世界屈指の規模を誇る美術館となりました。「昔日の巨匠」を意味する「オールドマスター」とは、長い時の試練を耐えて西洋美術の歴史において揺るぎない地位と評価を得た古典的な巨匠たちを指しています。本展は、ティツィアーノやレンブラント、ルーベンスといったオールドマスターの絵画全85点によって、連綿と続くヨーロッパ絵画の醍醐味を堪能できる貴重な機会となるでしょう。

■ 大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

記念講演会① 「名画と出会う日:エカテリーナ2世とエルミタージュ美術館」

[講師] 千足伸行(成城大学名誉教授/本展監修者)
[日時] 2017年7月22日(土) 13:30-15:00
[会場] アートスペースA(愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着150名 ※要申込・聴講無料

記念講演会② 「エカテリーナ2世の時代−光太夫のみたロマノフ王朝−」

[講師] 生田美智子(大阪大学名誉教授)
[日時] 2017年8月19日(土) 13:30-15:00
[会場] アートスペースA(愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着150名 ※要申込・聴講無料

スライドトーク(学芸員による展示説明会)

[日時] 2017年7月16日(日)、7月23日(日)、8月20日(日) 各回11:00-11:40
2017年7月21日(金) 18:30-19:10
[会場] アートスペースA(愛知芸術文化センター12階)
[定員] 各回150名
※申込不要・聴講無料。開始時刻に会場にお集まりください。