過去の企画展

過去の企画展

ピカソ、天才の秘密

会期 2016年1月3日(日)−3月21日(月・振休)
会場 愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館30分前まで)
休館日
毎週月曜日[ただし1月11日(月・祝)、3月21日(月・振休)は開館]、1月12日(火)
1月4日(月)は特別開館
※3月1日(火)−3月21日(月・振休)の間、コレクション展およびAPMoA Project, ARCHは展示替えのためご覧になれません。
チケット料金 一般1,500(1,300)円
高校・大学生1,200(1,000)円
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、中日新聞社
【後援】 ZIP−FM
【特別協賛】 東海東京証券
【協賛】 トヨタ自動車、アイシン・エィ・ダブリュ、日本写真印刷
【協力】 エールフランス航空/KLMオランダ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、 日本航空、JR東海、近畿日本鉄道

  パブロ・ピカソ(1881-1973)は、超人的な創造力で数多くの作品を生み出し、「天才」の呼び名をほしいままにした芸術家です。この展覧会は、「青の時代」と「バラ色の時代」に焦点を当てながら、彼の少年時代からキュビスムとその後までの前半生を紹介します。

 ピカソは1881年、スペイン南部の町マラガに生まれ、幼い頃からスケッチを行っていたと言われています。美術教師だった父のもとで美術修行を始め、めきめきと腕を上げたピカソは驚異的な早熟の才を発揮していきます。

 世紀の替わった1901年からは「青の時代」(1901-04)と呼ばれる時期を迎え、貧しい人や身体の不自由な人など、当時、社会的に疎外された情況に置かれていた人々を、独特の青い色調によるメランコリックな雰囲気で描き出していきました。その中で彼は、人間という存在そのものを深く見つめていったのです。「バラ色の時代」(1904-06)には、ピカソの主調色は青からピンクに移るとともに、線描の質は青の時代の単純さと力強さに代わって、繊細さや優美さが顕著になってきます。

 その後ピカソは20世紀最大の造形革命となるキュビスムを創始し、絵画芸術の新しい可能性を開いていきました。キュビスムは同時代や後続の芸術家たちに多大な影響を及ぼしていった一方で、ピカソ自身はその後も自在にスタイルを変え続け、91歳で亡くなるまでにおびただしい数の作品を生み出しました。不世出の天才・ピカソ―本展では、その彼の天才たる所以(ゆえん)を、キュビスム誕生以前の作品を中心に探ります。

 本展は、日本国内のみならず、世界各地の美術館や個人の方々の協力を得て開催されるものです。「青の時代」や「バラ色の時代」、そしてキュビスムの創始から一世紀が過ぎた今、これらの時代のピカソの作品を見つめ直す、極めて意義深い機会となるでしょう。

■ コレクション企画 「ピカソ、天才の秘密」 関連イベント

記念講演会 「ピカソ:青の世界の秘密」(仮)

[講師] 高階 秀爾 (大原美術館館長)
[日時] 2016年2月7日(日)  13:30−15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階   アートスペースA

※要申込・聴講無料。 1人1枚の往復はがきで、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入の上、愛知県美術館「ピカソ、天才の秘密」係までお申し込みください。(先着150名)


スライドトーク(学芸員による展示説明会)

[日時] 2016年1月31日(日)、2月14日(日)、2月28日(日)  各回11:00−11:40
2016年2月19日(金)  18:30−19:10
[会場] 愛知芸術文化センター12階   アートスペースA

※申込不要・聴講無料。開始時刻に会場にお集まりください。


「ピカソ、天才の秘密」展連携コンサート「ピカソの見た夢」

[プログラム] サティ/バレエ音楽「パラード」
ビゼー/「カルメン」第1組曲より抜粋
ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」第2組曲
ストラヴィンスキー/バレエ考案「プルチネッラ」全曲版〈声楽付き〉
[出演] 指揮    井ア 正浩
ソプラノ  高橋薫子
テノール  中井亮一
バス    鹿野由之
管弦楽   名古屋フィルハーモニー交響楽団
[日時] 2016年3月20日(日・祝) 15:00開演(14:45開場)
[会場] 愛知芸術文化センター4階   愛知県芸術劇場コンサートホール

コンサートの詳細、チケットの取扱いについては下記のウェブサイトおよびお電話にてご確認ください。
愛知県芸術劇場ウェブサイト
TEL. 052-971-5609

コンサート「ピカソの見た夢」チラシデータ