過去の企画展

過去の企画展

芸術植物園

会期 2015年8月7日(金)―10月4日(日)
※期間中、一部作品の展示替えを行います。
会場 愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日 (ただし9月21日[月・祝]は開館)、9月24日(木)
チケット料金 一般 1,100(900)円
高校・大学生 800(600)円
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館 朝日新聞社

展示替え: 期間中、一部作品の展示替えを行います。作品リストはこちら

 眼の前に、名も知らぬ植物が生えているとしましょう。その植物は、食べられるでしょうか?それとも毒をもつ危険なものでしょうか?その植物は、どの季節にどんな花を咲かせるでしょうか?またそれは昔から馴染みのある植物なのでしょうか?そして、この植物の特徴を最もよく伝えられるように絵や図に残すとしたら、どのように描くのがよいでしょうか?

 古来、わたしたち人間は、食物や薬として有益な植物と有毒で危険な植物とを取り違えないように、身近な植物の特徴を調べ、分類し、それを絵や図に残してきました。さらに時代を経て、より広い世界の植物を目にするようになると、この世に存在するあらゆる植物を網羅して、一定の基準に従って整理しようという欲求が生まれます。このような科学的な目線のかたわらで、植物は生命力に満ちた存在として、あるいは季節の移ろいを感じさせる風物として、その時々の芸術のなかに独自の表現を生み出してきました。科学と芸術、植物のこれら二通りの描き方は、時に反発し合い、時に混じり合いながら、お互いの表現をより豊かなものにしてきたのです。

 古代の植物文様から、江戸時代の花鳥画、東西の本草学図譜、近代の植物写真、そして現代美術における植物表現まで、実に多様な、時に現実には存在しない植物までもが、温度と湿度をしっかりと管理した美術館という温室のなかに生い茂っています。“芸術植物”とでも呼ぶべきこれらの植物たちの魅力的な生態を、展示室を散策するようにお楽しみください。

 なお、今村文(1982年愛知県生まれ)、狩野哲郎(1980年宮城県生まれ)、渡辺英司(1961年愛知県生まれ)の三作家が、この展覧会のために制作した新作の展示をおこないます。

【その他の主な出品作家】
 伊藤圭介、岩崎灌園、梅坂鶯里、小茂田青樹、恩地孝四郎、エミール・ガレ、北脇昇、菊畑茂久馬、パウル・クレー、柴田是真、島袋道浩、下郷羊雄、鈴木其一、須田悦弘、キキ・スミス、関根正二、田中訥言、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット、ヴォルフガング・ティルマンス、トーマス・デマンド、サイ・トゥオンブリ、中村岳陵、仁阿弥道八、平福百穂、藤島武二、カール・ブロスフェルト、堀江正章、三熊思孝、山本梅逸、渡辺崋山

作品リスト

■ 「芸術植物園」 関連イベント

記念講演会 「江戸時代の園芸文化」

[講師] 小笠原左衛門尉亮軒氏(雑花園文庫主人)
[日時] 2015年8月29日(土)13:30―15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
[定員] 先着150名

※申込不要・聴講無料。会場に直接お越しください。


ギャラリートーク(学芸員による展示説明会)

[日時] 2015年9月5日(土)、9月12日(土)、9月27日(日) 各回11:00―11:40
2015年9月18日(金)18:30―19:10

※申込不要・聴講無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。


芸術植物園ボタニカルライフ満喫キャンペーン

会期中、毎週金曜日の18:00以降に「芸術植物園」展ご来場の先着10名様に、初心者でも育てやすい秋咲きのオキザリス(カタバミ)の球根をプレゼント!

※オキザリス(カタバミ)は、本展出品作のうち安藤正子《おへその庭》(カタバミ)や、ヴォルフガング・ティルマンス《夜の女王》(オキザリス・トリアングラリス)に登場します。是非会場で探してみてください。


LPACK×「芸術植物園」出展作家によるモーニングイベント
「たとえば、いつもより早く起きて港街でモーニングを食べてみるとする。」

「いつもより一時間早く起きると世界が変わるかもしれない。」

”コーヒーのある風景”をつくり出すアーティストユニット・LPACKによるモーニングイベントが名古屋の港まちにやってきます。

旧・文具店をリノベーションした新たな港まちの拠点「Minatomachi POTLUCK BUILDING(みなとまちポットラックビル)」、かつて多くの人で賑わった旧・喫茶店「キャビン」を会場に、「芸術植物園」出展作家3人をゲストに迎え、LPACKとコラボレーションを行います。また、展覧会『芸術植物園』に合わせ、「港まちガーデンプロジェクト」のハーブを使った特別メニューもご用意します。詳細は、港まちづくり協議会ウェブサイトをご覧下さい。

※「芸術植物園」チケットをご提示の方には、オリジナルグッズをプレゼント。

vol. 1 LPACK×狩野哲郎 2015年8月8日(土)7:00-10:00 Minatomachi POTLUCK BUILDING 1F
2015年8月9日(日)7:00-10:00 旧・喫茶店「キャビン」
参加費:500円(モーニング・新聞付き)
vol. 2 LPACK×今村文 2015年9月26日(土)7:00-10:00 旧・喫茶店「キャビン」
2015年9月27日(日)7:00-10:00 Minatomachi POTLUCK BUILDING 1F
参加費:500円(モーニング・新聞付き)
vol. 3 LPACK×渡辺英司 2015年10月3日(土)7:00-10:00 Minatomachi POTLUCK BUILDING 1F
2015年10月4日(日)7:00-10:00 旧・喫茶店「キャビン」
参加費:500円(モーニング・新聞付き)
[会場] Minatomachi POTLUCK BUILDING 1F
名古屋市港区名港1-19-23
*名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分

旧・喫茶店「キャビン」
名古屋市港区入船2-2-16
*名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港駅」3番出口より徒歩1分
[主催] 港まちづくり協議会
〒455-0037 名古屋市港区名港1-19-23
Minatomachi POTLUCK BUILDING内
TEL:052-654-8911
FAX:052-654-8912