過去の企画展

過去の企画展

これからの写真

会期 2014年8月1日(金)−9月28日(日)
会場 愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日 (ただし9月15日[月・祝]は開館)、9月16日(火)
チケット料金 一般 1,100(900)円 
高校・大学生 800(600)円 
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、朝日新聞社
【後援】 愛知県・岐阜県・名古屋市各教育委員会、岐阜新聞・ぎふチャン
【協力】 株式会社サンテック、国際照明株式会社、シーシーエス株式会社、セントラル画材株式会社

 従来、写真はカメラで撮影され紙にプリントされたものを指していました。しかし、デジタル技術の革新にともない、写真をめぐる環境は急激に変化しています。特定の技術としての写真は多様なデジタル技術の中で、その輪郭を失いつつあると言えます。

 また、現代アートの領域では、写真、映像、立体など幾つもの形態を自由に選択しながら作品を創作する者も少なくありません。

 こうした現状を意識して、本展では、空間、時間、鑑賞者との関係性など様々な視点から写真とイメージの様相を探ります。平面作品のみならず、映像や立体作品を含む9名の芸術家、写真家の表現から、これからの写真の在り様が浮かび上がるでしょう。

■ これからの写真展 関連イベント

記念シンポジウム 「表現と距離」

[パネリスト] 畠山直哉、鷹野隆大、田代一倫(本展出品作家)
[司会] 中村史子(愛知県美術館学芸員)
[日時] 2014年8月2日(土) 13:30-15:30
[会場] アートスペースA (愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着180名

※申込不要・聴講無料。開始時刻に会場にお集まりください。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示説明会)

[日時] 8月9日(土)、9月6日(土)、9月13日(土) 11:00〜11:40
9月12日(金) 18:30〜19:10

※申込不要。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。