過去の企画展

過去の企画展

シャガール展

会期 2014年4月17日(木)−6月8日(日)
会場 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20時まで (入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日、5月7日[水]
(ただし4月28日[月]、5月5日[月・祝]は開館)
観覧料 一般1,400円(前売・団体1,200円)
高校・大学生1,100円(前売・団体900円)
中学生以下無料
先行前売ペアチケット2,000円
※一般2枚、切り離し使用可
【主催】 愛知県美術館、中日新聞社
【後援】 在日フランス大使館=アンスティチュ・フランセ日本、愛知県・岐阜県・名古屋市各教育委員会
【協賛】 トヨタ自動車
【特別協力】 メレット・メイヤー、マルク・シャガール国立美術館、マルク・シャガール国立美術館友の会、パリ国立オペラ座
【協力】 ヤマトロジスティクス、日本航空、エールフランス航空、損害保険ジャパン
【企画協力】 北海道立近代美術館、北海道新聞社、キュレイターズ

 日本未公開作品を中心とした約250点を一堂に、シャガールのすべて

 20世紀を代表する画家、マルク・シャガール(1887-1985)は、第二次世界大戦後の後半生、歌劇場や美術館、大聖堂などの公共空間を飾るモニュメント(記念碑的作品)を数多く手がけました。大空間を飾るそれらの作品は、壁画や天井画、ステンドグラス、陶板画、モザイク画、タピスリーなど多彩な技法と形式にわたります。60歳を越してなお、新たな技法で巨大なスケールの作品に挑み続けた、その旺盛な制作意欲と才能には驚くべきものがあります。本展では、華やかなパリ・オペラ座の天井画をはじめ、エルサレム・ハダサー医療センターやフランス各地の教会を飾るステンドグラスとその下絵など、シャガールの代表的なモニュメント作品を日本で初めて本格的に紹介します。

■ シャガール展 関連イベント

記念講演会 「シャガール―モニュメント作品を巡る旅」

[講師] 佐藤幸宏 (北海道立文学館学芸主幹、本展企画者)
[日時] 2014年4月19日(土) 13:30-15:00
[会場] アートスペースA(愛知芸術文化センター)
[定員] 先着180名 (要申し込み、聴講無料)

※1人1枚の往復はがきで、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入の上、
愛知県美術館企画業務課 「シャガール展 講演会係」 までお申し込みください。


スライドトーク(学芸員による展示説明会)

[日時] 2014年4月26日(土)、5月25日(日) 各回11:00-11:40
5月9日(金) 18:30-19:10
[会場] アートスペースEF(愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着60名

※申し込み不要。開始時刻に会場にお集まりください。


共同企画 「愛知県美術館×メナード美術館 コラボ☆トーク」

[日時・会場] 2014年5月17日(土)14:00-14:30 メナード美術館
2014年5月24日(土)14:00-14:30 愛知県美術館
両館の担当学芸員二人がシャガールの魅力を語ります。
[会場] アートスペースEF(愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着60名

※申し込み不要。開始時刻に会場にお集まりください。


同時期開催 メナード美術館「シャガール版画展」

[開催期間] 2014年5月17日(土)―7月13日(日)
[会場] メナード美術館

>> メナード美術館「シャガール版画展」


愛知県芸術劇場連携事業

「シャガール展」に関連する3つの公演を愛知芸術文化センターで開催します。

>> 愛知県芸術劇場連携事業