過去の企画展

過去の企画展

アイチのチカラ!戦後愛知のアート、70年の歩み

会期 2013年11月29日(金)−2014年2月2日(日)
会場 愛知県美術館
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし12月23日[月・祝]、1月13日[月・祝]は開館)、12月24日(火)、12月28日(土)−1月3日(金)、1月14日(火)
観覧料 一般500(400)円、高校・大学生300(240)円、中学生以下無料

愛知は日本のアートの発信地の一つとして全国で注目を集めている場所です。三つの芸術大学を持ち、美術館やギャラリーも数多く存在します。そうした豊かな芸術的土壌の中から、全国的、さらには世界的にも活躍するアーティストたちを次々と輩出してきています。

本展では、そのような視点のもとに戦後の愛知の芸術の歩みを振り返り、1946年の中部日本美術協会の結成から、1955年の愛知県文化会館美術館の開館、1966年から1970年にかけての三芸術大学の開学を経て、現在に至るまでの愛知のアートを、当館のコレクションによってご紹介します。そこでは、愛知のアートの豊かな未来もきっと感じ取っていただけることでしょう。

■ アイチのチカラ! 関連イベント

記念座談会「戦後愛知のアートシーン」(仮題)

[日時] 2013年12月14日(土) 10:30−12:00 (開場 10:00)
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
[パネリスト] 木本文平(碧南市藤井達吉現代美術館 館長)、吉田俊英(豊田市美術館 館長)、三頭谷鷹史(名古屋造形大学 特任教授)、小西信之(愛知県立芸術大学 准教授)
[司会] 大島徹也(愛知県美術館 主任学芸員)

※申込不要・聴講無料。会場に直接お越しください(先着150名)。


ギャラリー・トーク(学芸員による解説会)

[日時] 11月29日(金)の18:30−19:10
12月21日(土)、1月18日(土)の11:00−11:40

※申込不要・聴講無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。