過去の企画展

過去の企画展

プーシキン美術展 −フランス絵画300年

会期 2013年4月26日(金)−6月23日(日)
会場 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00−18:00 金曜日は20時まで (入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日 [ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館]、5月7日(火)
観覧料 一般1,300円(前売・団体1,100円)
高校・大学生1,000円(前売・団体800円)
中学生以下無料
先行前売ペアチケット2,000円(一般2枚、切り離し使用可)
【主催】 愛知県美術館、朝日新聞社、メ〜テレ、プーシキン美術館、ロシア連邦文化省
【後援】 外務省、ロシア連邦大使館、ロシア連邦交流庁(Rossotrudnichestvo)、愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会、岐阜新聞・岐阜放送、ZIP-FM
【協賛】 三井物産、トヨタ自動車、日本製紙、大日本印刷、東海東京証券
【協力】 日本航空

 モスクワのプーシキン美術館が世界に誇る、フランス絵画のコレクションをご紹介する展覧会です。17世紀から20世紀前半までフランス絵画300年の歴史を、約70点の名品でたどります。なかでも、「ルノワールの印象派時代最高の肖像画」と評される《ジャンヌ・サマリーの肖像》(1877年)は、日本初公開となる作品で、本展最大の見どころです。彼女の素敵な微笑みに出会うと、誰もがきっと、幸せな気分に浸ることができるでしょう。

■企画展関連イベント
記念講演会 「ロシアが愛したフランス絵画」
[講師] 池田理代子(漫画家・声楽家)
[聞き手] 杉山奈生子(愛知産業大学准教授)
[日時] 5月18日(土) 13:30−15:00
[会場] アートスペースA (愛知芸術文化センター12階)
[定員] 先着180名(要申込み、聴講無料)


スライドトーク(学芸員による展示説明会)
[日時] 5月11日(土)、6月1日(土)、6月15日(土) 各11:00−11:40
5月24日(金) 18:30−19:10
[会場] アートスペースEF (愛知芸術文化センター12階)

※ 申込み不要。開始時刻に会場にお集まりください。