過去の企画展

過去の企画展

愛知県美術館・愛知県陶磁資料館コレクション企画 美しき日本の自然

会期 2012年9月28日(金)−11月25日(日)
会場 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00−18:00(金曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし10月8日[月・祝]は開館)、10月9日(火)
観覧料 一般500円(団体400円)
高校・大学生300円(団体240円)
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、愛知県陶磁資料館

 古来、自然の恩恵を受けながら生活してきたわれわれ日本人は、その恵みに感謝し、様々な年中行事の中でそれらを愛でてきました。それは日常に用いる器や花瓶などに施される図様の多くが風景や草花、動物であることからも認められます。そして、この自然を愛でる感情の裏側には、自然に対する畏怖の念もありました。つまり、時として自然が自分たちの生活を脅かす存在であることを理解しながら、それでもなお自然に寄り添って暮らしていたのでした。

 しかし、現在では日常で自然と接する機会が少なくなり、自然を楽しむ精神がどんどん薄れてきています。そうして自然から遠ざかることにより、そこに生きる動物との関係性も希薄なものとなってきています。さらに、度重なる災害などにより自然に対するイメージも変化しようとしています。

 そこで、本展では作品に登場する風景や草花、動物といったものがどのように表現されてきたのかを紹介します。山水や花鳥などを作家たちはどのように表現してきたのか。またどのように図様化してきたのか。それらを通して、先人たちが感じていた自然の力や動物へのまなざしを共有し、自然やそこに生きる動物との関係を見つめ直す機会にしたいと思います。

 例年のコレクション企画では、展示作品は愛知県美術館の所蔵品のみですが、このたびの展覧会では、愛知県陶磁資料館の協力を得て、「日本の自然」をキーワードに、愛知県美術館と愛知県陶磁資料館のコレクションを併せて展示いたします。

■企画展関連イベント
ギャラリー・トーク (「美しき日本の自然」展の解説会)
[日時] 10月14日(日) 11:00−11:40 村田眞宏(愛知県美術館)
10月19日(金) 18:30−19:10 田村哲(愛知県陶磁資料館)
11月3日(土) 11:00−11:40 長久智子(愛知県陶磁資料館)
11月17日(土) 11:00−11:40 平井啓修(愛知県美術館)
※申込み不要、参加無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。
※ギャラリー・トークは解説担当者と展覧会担当の学芸員との対話形式で行う予定です。
※なお、解説担当者は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


学芸員おすすめの一点(展示作品説明会)
[時間] 金曜日=19:00-19:30 土・日曜日=11:00-11:30
[日付] 10月6日(土) 青木蒲堂《芳野春色図》 石崎尚
10月7日(日) 川合玉堂《湖畔晩帰》 深山孝彰
10月12日(金) 浦上玉堂《山紅於染図》 古田浩俊
10月13日(土) 森田浩彰《Clockwise》 中村史子
10月20日(土) ジャック・ヴィヨン《存在》 中西園子
10月21日(日) 黒田清輝《暖き日》 高橋秀治
10月27日(土) ポール・ゴーギャン《海岸の岩/木靴職人》 森美樹
10月28日(日) 坂本繁二郎《海岸の家》 藤島美菜
11月9日(金) 中村岳陵《芦に白鷺鶺鴒図》  長屋菜津子
11月10日(土) 杉戸洋《The Second Lounge》 塩津青夏
11月11日(日) アンリ・マティス《待つ》 大島徹也
11月18日(日) リュシアン・クートー《干潮の帽子》 副田一穂
※申込み不要、参加無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。