過去の企画展

過去の企画展

開館20周年記念 マックス・エルンスト ―フィギュア×スケープ

会期 2012年7月13日(金)−9月9日(日)
会場 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00−18:00 (金曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日 〔ただし7月16日(月・祝)は開館〕、7月17日(火)
観覧料 一般1,200円(前売・団体1,000円)
高校・大学生900円(前売・団体700円)
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知、「マックス・エルンスト―フィギュアxスケープ」展実行委員会
【助成】 財団法人 地域創造
【後援】 愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、フランス大使館、米国大使館
【協力】 日本航空

 シュルレアリスムを代表する画家のひとりとして知られるマックス・エルンスト(1891-1976)。油彩画からコラージュ、書籍、版画、彫刻まで、複数のジャンルを行き来しながら自由自在に技法を操りイメージを生み出す錬金術師のようなこの画家の作品世界を、「フィギュア」と「スケープ」というキーワードで読み解きます。

 フィギュアとは、画面に登場する天使、動物、植物、そして怪物のような不思議で魅力的な存在たちを指し、スケープとは、彼らフィギュアたちが活躍する場所や背景のことを指しています。画家がすべてをコントロールするのではなく、偶然の力を借りて生み出されたスケープのなかから半ば自然に生まれてくるフィギュアたちが見せてくれるのは、どんな不思議な世界なのでしょうか?

 エルンストは、自らを鳥の姿をしたキャラクターとして作品世界に繰り返し登場させて、わたしたちを誘い込みます。鳥たちの導くままに、初期から晩年までの国内外約120点の作品の森のなかを進んでゆくうちに、愉しく、そしてときにちょっと恐ろしい、そんなエルンストの新たな魅力にきっと出会うことができるはずです。

■企画展関連イベント

パネルディスカッション

本展を開催する、横浜美術館、愛知県美術館、宇都宮美術館の各館で1回、計3回の連続パネルディスカッションを開催します。

第2回:「フィギュアを支える世界−エルンストのスケープ」

[日時] 2012年7月28日(土) 13:30-16:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
[ゲスト・パネリスト] 齊藤哲也氏(明治学院大学准教授)
[登壇者] 中村尚明氏(横浜美術館主任学芸員)、石川潤氏(宇都宮美術館主任学芸員)
[パネリスト・司会進行] 副田一穂(愛知県美術館学芸員)

※申込不要、聴講無料(定員150名)



ワークショップ
 「こすって・きって、キャラクターのつくりかた」
[日時] 2012年8月4日(土) 13:00-17:00
[会場] アートラボあいち
名古屋市中区錦2-10-30 TEL:052-204-6444
[共催] あいちトリエンナーレ実行委員会、オフィス・マッチング・モウル
※申込不要、参加無料。

ギャラリー・トーク (学芸員による展示説明会)
[日時] 7月21日(土)、8月4日(土)、8月11日(土)、8月25日(土) 各11:00-11:40
7月27日(金)、8月31日(金)各18:30-19:10
※申込不要、聴講無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。