過去の企画展

過去の企画展

開館20周年記念 愛知・岐阜・三重 三県立美術館協同企画No. 6 魔術/美術 幻視の技術と内なる異界

会期 2012年4月13日(金)−6月24日(日)
会場 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00−18:00(金曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日〔ただし4月30日(月・祝)は開館〕、5月1日(火)
観覧料 一般・当日900円(前売・団体700円)
高校・大学生当日600円(前売・団体400円)
中学生以下無料
【主催】 愛知県美術館、岐阜県美術館、三重県立美術館、中日新聞社
【後援】 愛知県・名古屋市各教育委員会

 今日、近代的な考え方が様々な場できしみを生み出しています。近代の合理的な思考のみを優先することによって、豊かな想像力と多くの可能性が失われてしまったからです。

 一方、魔術とは合理的な思考を振り切り逸脱するものです。魔術的な技術や思考回路は、社会の周縁部へと追いやられながらもかたちを変えて受け継がれてきました。多くの信仰、物語の中に、理論だけでは説明のつかない不可思議な現象を見出すことができます。
 そして、魔術にもっとも近い領域の一つに美術があります。そこでは日常的な社会ルールとは異なるものの見方、考え方が重要となります。また、多くの芸術家が、合理的な判断だけではなく、自らの勘と感性に頼って表現を生み出しています。これら特別な技能と思考方法をもってイメージを司る芸術家たちは、一種の魔法使いとも言えるでしょう。

 本展覧会では、時代や地域、様式を大胆に行き来しながら、美術作品における魔術的要素をご紹介いたします。人々を惑わし、創造へと突き動かす不可視の力について想いをはせながら、魔術と美術が混じり合う不思議な世界をお楽しみ下さい。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「想像力と創造力」
[講師] 平野啓一郎 氏 (作家)
[日時] 2012年6月2日(土)、14:00−15:30
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料(定員180名)
※ 当日午後1時から整理券をお配りします。整理券をお持ちでない方のご入場をお断りする場合がありますことをご了承ください。



ギャラリー・トーク(学芸員による説明会)
[日時] 4月21日(土)、5月5日(土)、5月26日(土)、6月9日(土)の11:00−11:40
4月27日(金)、6月15日(金)の18:30−19:10
※申し込み不要・聴講無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。