過去の企画展

過去の企画展

美の精髄 愛知県美術館の名品300 (所蔵作品展)

会期 2010年11月26日(金)−2011年1月23日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日、2010年12月28日-2011年1月3日、1月11日
(ただし2011年1月10日(月)は開館)
観覧料 一般      500円 (団体400円)
高校・大学生  300円 (団体240円)
中学生以下無料

 1955年に開館した愛知県文化会館美術館は、日本の近代美術を主とした作品の収集を積み重ね、1992年に愛知県美術館として新たに開館するにあたっては、20世紀国内外の美術の流れをたどることができる美術館を目指しました。そして現在、コレクションは21世紀の先端を歩む作品に及ぶとともに、古美術からプリミティヴ・アートまでを含む3000点余りの木村定三コレクションによって、数と範囲を大きく広げています。総数約7600点のコレクションの中から選りすぐりの名品を、全展示室を用いてご覧いただきます。

■企画展関連イベント
関連事業
 「学芸員おすすめの一点」(展示作品説明会)
[開催日] [作品名] [担当学芸員]
11月 27日(土) 横山大観 《飛泉》 村田眞宏
  28日(日) アンドリュー・ワイエス 《氷塊 I 》 高橋秀治
12月 4日(土) ジョージ・シーガル 《ロバート&エセル・スカルの肖像》 大島徹也
  5日(日) 舟越桂 《肩で眠る月》 中村史子
  11日(土) アンリ・マティス 《待つ》 鯨井秀伸
  12日(日) 竹内栖鳳 《狐狸図》 長屋菜津子
  18日(土) 高橋由一 《不忍池》 深山孝彰
  19日(日) ポール・デルヴォー 《こだま》 藤島美菜
1月 7日(金) フランク・ステラ 《リヴァー・オブ・ポンズ》 塩津青夏
  8日(土) グスタフ・クリムト 《人生は戦いなり(黄金の騎士)》 古田浩俊
  9日(日) 浦上玉堂 《秋色半分図》(木村定三コレクション) 馬渕美帆
  14日(金) ジョアン・ミロ 《絵画》 副田一穂
  22日(土) オスカー・ココシュカ 《夢みる少年たち》 森 美樹
[時間]  金曜日/19:00〜19:30
 土・日曜日/11:00〜11:30