過去の企画展

過去の企画展

日本の自画像 写真が描く戦後 1945-1964

会期 2009年11月6日(金)‐12月13日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日、11月24日(火) [ただし、11月23日(月・祝)は開館]
観覧料 一般   当日1,000円 (団体・前売800円)
高大生  当日700円 (団体・前売500円)
小中学生 無料
【主催】 愛知県美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
【後援】 社団法人 日本写真協会、社団法人 日本写真家協会、愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会
【協賛】 凸版印刷株式会社、株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン
【協力】 岩波書店
【企画】 クレヴィス

 1945年の終戦から、日本はわずかな期間に劇的な変貌を遂げ、1964年に東京オリンピックが開催された頃には、経済大国への道を歩むまでになりました。 

 終戦直後、写真家の視線はもっぱら破壊された焦土に広がる悲惨さに向けられていましたが、まもなくその視線は、この苦難の時代をのりこえようとする人々へと転じていきました。さらに1950年代中頃までには、近代化に揺れる都市や地方の姿が、才能ある写真家たちによって捉えられ、その時代のイメージとして確立されました。やがて社会が経済的にも発展すると、写真もまた新たな表現の可能性を模索しはじめました。

 本展は、戦後日本の写真界を代表する11作家の写真から、厳選された168点のモノクロ写真を紹介します。彼らの芸術性豊かな写真からは、戦後の社会をたくましく、希望をいだいて生きる人々の姿を見ることができるでしょう。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「あの時 写真家たちが見たもの」
[日時] 2009年11月14日(土)/13:30−15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階/アートスペースA
[講師] 田沼武能氏(写真家・展覧会出品作家)

ギャラリートーク(学芸員による展示説明会)
[日時] 2009年 11月13日(金)/18:00〜18:40
11月 21日(土)/11:00〜11:40
11月28日(土)/11:00〜11:40
12月5日(土)/11:00〜11:40