過去の企画展

過去の企画展

アンドリュー・ワイエス 創造への道程

会期 2009年1月4日(日)−3月8日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日、1月13日(火)
ただし1月12日(月・祝)は開館
観覧料 一般/1,200(1,000)円
高校・大学生/900(700)円
小・中学生/無料
前売りペアチケット/2枚綴り1900円(切り離し使用可)
【主催】 愛知県美術館、中日新聞社
【特別協力】 アンドリュー・ワイエス夫妻、丸沼芸術の森
【後援】 在日米国大使館、在名古屋米国領事館、名古屋アメリカン・センター、愛知・岐阜・三重・名古屋各県市教育委員会
【協賛】 損害保険ジャパン、大日本印刷
【協力】 全日本空輸、日本ビクター、JR東海

 アメリカの原風景を描くアンドリュー・ワイエス(1917-)は、アメリカン・リアリズムの代表的な画家の一人として、緻密なテンペラの作品が一般的に知られています。しかしワイエスはもともと水彩画家として出発しており、数多くの水彩、素描を制作しています。多くの場合ワイエスはまず鉛筆やペンを用いて素描を行い、それから水彩を描きます。さらにドライブラッシュ(水気をしぼった筆で描く水彩画の技法)でより詳細な画面を描き出し、最後にテンペラに取りかかります。しかしそれは、水彩やドライブラッシュがテンペラに及ばないということを意味するわけではありません。これらの素描や水彩には、ときに画家の激しい感情のほとばしりや、対象に対する関心のあり方や意識の動きが、完成されたテンペラよりも直接的に反映されているのです。

 本展覧会は、テンペラに対応する水彩・素描を中心に、ワイエスの創造のプロセスに焦点を当てるものです。ワシントン・ナショナルギャラリー、フィラデルフィア美術館をはじめ、アメリカの美術館から重要作品が出品されるとともに、ワイエス夫妻のコレクションからは故郷ペンシルヴェニアを中心とした未公開の水彩・素描が、また丸沼芸術の森からはメイン州にあるオルソン家を描いた水彩・素描が出品されます。ワイエス作品の重要なモティーフである、生まれ故郷と夏の家のある二つの地域という水平的な広がりと、素描からテンペラへと向かうワイエスの創造のプロセスの垂直的な広がり、この二つの軸に沿って、テンペラ13点を含む総計約150点が展示されます。

 90歳を越えた今もひたむきに制作を続ける画家ワイエスの生の姿にせまる、ファン待望の展覧会です。ワイエスの多彩な魅力を存分に感じていただけることでしょう。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「私の祖父、アンドリュー・ワイエス」
  講師・ヴィクトリア・ワイエス氏(アンドリュー・ワイエス唯一の孫娘)
[日時] 2009年1月10日(土) 午後1時30分〜午後3時
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
[定員] 先着150名
[共催] 名古屋アメリカンセンター

ワークショップ
【ワイエス・ワーイ!!】
ワイエスの絵を見て、物語をつくってみよう!
[日時] 2009年1月24日[土] 10:00-12:00   
[対象] 小学校1年生〜3年生
【かさかさな絵を描こう!】
ワイエスが描く作品にある[ドライブラッシュ]という技法を使って水彩画を描こう。
[日時] 2009年1月24日[土] 14:00-16:00   
[対象] 小学校4年生〜中年生
【鉛筆デッサンをしよう】
ワイエスの作品を鑑賞して、デッサンに挑戦します。
[日時] 2009年1月25日[日] 13:00-16:00   
[対象] 高校生
[会場] 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
[定員] 各15名

スライド・トーク(学芸員による説明会)
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースEF
[日時] 2009年1月9日[金]、2月13日[金]   18:00-18:40    
2009年1月22日[木]、2月5日[木]、2月21日[土]   11:00-11:40
[定員] 先着各50名