過去の企画展

過去の企画展

ライオネル・ファイニンガー展 光のクリスタル

会期 2008年10月17日(金)−12月23日(火・祝)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日、11月4日(火)、11月25日(火)
ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・振休)は開館
観覧料 一般/1,200(1,000)円
高校・大学生/900(700)円
小・中学生/無料
【主催】 愛知県美術館、中日新聞社
【後援】 アメリカ大使館、ドイツ連邦共和国大使館、愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会
【協力】 日本航空

 20世紀の知られざる巨匠、ライオネル・ファイニンガーの日本初の回顧展です。ファイニンガーは1871年にニューヨークのドイツ系移民の家庭に生まれ、16歳の時ドイツに渡りました。ハンブルクなどの美術学校で学んだのち、1907年、35歳にして絵画に取り組み始めます。そして、1911年のキュビスムとの運命的な出会いを通じて、クリスタルのような透明さと輝きに満ちた独特のスタイルを生み出しました。その美しい絵画世界は、彼の最高傑作の一つである《ゲルメローダXIII》(1936年)に典型的に見ることができます。

 ファイニンガーは、画家として以外にもさまざまな顔を持った人物でした。絵画を始める前は、新聞や雑誌に漫画や諷刺画を寄稿して大きな成功を収めていました。また、1919年のバウハウス設立に際しては、校長グロピウスの熱心な要請によって、カンディンスキーやクレーにさきがけてマイスター(親方)に就任し、版画印刷工房の指導に当たりました。さらに、意外な一側面として、汽車や建物や人物などの可愛らしい木製玩具を生涯にいくつも制作しており、それらの一部も今回出品されます。

 本展覧会は、ファイニンガー研究の第一人者であるハンブルク・クンストハレのウルリヒ・ルックハルト氏監修のもと、ファイニンガーの初期から晩期にわたる131点(油彩画50点、水彩画22点、素描11点、版画22点、彫刻1点、新聞連載漫画25点)+木製玩具7セット(123ピース)を集め、この多才な巨匠の秘められた全貌に迫ります。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「ファイニンガーとクレー −音楽から造形へ−」
  宮下 誠氏(國學院大学教授)
[日時] 2008年11月1日(土) 午後1時30分〜午後3時
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

ギャラリー・トーク(学芸員による展示説明会)

[開催日] 2008年10月25日(土)、11月15日(土)、11月29日(土)、12月13日(土)

[時間]     午前11時〜11時40分