過去の企画展

過去の企画展

収蔵作品展 タイムスケープ もうひとつの時間

会期 2008年8月8日(金)−10月5日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日 ただし、9/15(月)は開館、翌日の9/16(火)が休館
観覧料 一般/500(300)円
高校・大学生/400(240)円
小・中学生/無料

 普通、時間は目に見えません。手にすることもできません。けれども、日常生活で時間の存在をいろいろな形で感じることはできます。時間がない、時間が過ぎるのは早い、など言ったことは、誰でもきっとあるでしょう。

 この夏、美術館では、日常生活とは異なるもうひとつの時間を、皆様にご紹介します。古代神話の世界観をたたえたエドワード・ジョン・ポインターやポール・デルヴォーの絵画からは、はるかなる太古の時への憧憬が感じられます。その一方に、連続する動き、機械的運動を描くことで時間の経過を取り込もうとした20世紀の画家たちがいます。また、一日の記念や記録を作品化させた安齋重男や、時間を凍結させる杉本博司、キャンバスに絵具をのせる瞬間を重視したアクション・ペインティングの作家など、多くの作家がそれぞれの方法で時間と向き合っています。

 また、多様な作品が出品される「タイムスケープ」展ですが、必ずしも、年代順、地域別に作品を並べることはしていません。時間という大きなテーマのもと、年代、様式をも超えた作品同士の調和を実現させました。現代美術や古美術など、一般的に「とっつきにくい」と思われがちな作品も、こうした展示の試みにより、先入観なく鑑賞していただけると思います。

 なお、夏休みに合わせて、多くの方が楽しめるイベントを多数、企画しています。小・中学校の子どもたちに向けた「夏休み子ども鑑賞会」(愛知子ども芸術大学2008)をはじめ、県内在住の若手アーティスト達によるワークショップやパフォーマンスは、美術館が初めての子どもたちも親しめることでしょう。親子、お友だち同士で、夏休みならではの驚きと楽しさに満ちた美術体験をどうぞお楽しみください。

■企画展関連イベント
夏休み子ども鑑賞会(あいち子ども芸術大学2008) 【申し込みは締め切りました】
 「タイムスケープ」展を中心に作品鑑賞をおこないます。美術館のスタッフと一緒に、作品について語り合いながら鑑賞をしていくことで、美術館が初めてでも美術が苦手でも、誰もが作品と友だちになれるプログラムを用意しています。
[開催日] ・ 8月 8日(金) 午前:小学3-4年生 / 午後:小学5-6年生
・ 8月 9日(土) 午前:小学1-2年生 / 午後:小学3-4年生
・ 8月20日(水) 午前:小学3-4年生 / 午後:小学5-6年生
・ 8月21日(木) 午前:小学1-2年生 / 午後:中学生
・ 8月22日(金) 午前:小学1-2年生 / 午後:小学5-6年生
[時間] 午前10時半〜12時、午後14時半〜16時
[定員] 各回15名、小学生、中学生限定

パフォーマンス「ワンデー・スカルプチャー」
 アメリカ人アーティスト、ジミー・キンリーが、一日限定の不思議な彫刻作品を発表します。彫刻なのにやわらかくって動くんだって!? 向こうから近づいてくるものは何? その日、ジミーに会えたらラッキー? ぜひ、ご自分の目でお確かめください。
[アーティスト] ジミー・キンリー
[会場] 10階美術館にて作品の発表
(パフォーマンスは、午前11時に10階美術館を出発後、場所を変えながら行われます。芸術文化センターとその周辺を探してみてください。なお、当日10階美術館受付では、分かる範囲でジミーがどこにいるのかお知らせします。)
[日時] 2008年8月17日(日) 午前11時〜午後5時
   
   

ワークショップ「裏・夏休み なにかしら 作ってみよー」
 海に行くより、山に行くより美術館が面白い!? 若手アーティスト4人による夏休み限定のワークショップです。身の回りにある「何かしら」を使って、自分だけのおもしろ彫刻や、おもしろ絵画を作ります。不思議でちょっと変な作品からは「ナニカシラ?」という疑問がきっと浮かぶはず。出来あがった作品はケースに飾って、即席の「なにかしら美術館」を作っちゃいましょう。
[アーティスト] 青田真也、川見俊、小杉滋樹、タン・ルイ
[会場] 愛知県美術館10階 ロビー
[日時] 2008年8月17日(日) 午後2時〜午後4時
[定員] 先着30名
[必要なもの] 特になし。制作に必要な文房具は、美術館でご用意します。
※子どもから大人まで参加できます。

ギャラリー・トーク(学芸員による展示説明会)

[開催日] 2008年8月14日(木)、8月30日(土)、9月11日(木)、9月20日(土)

[時間]     午前11時〜11時40分