過去の企画展

過去の企画展

愛知・岐阜・三重 三県立美術館協同企画 20世紀美術の森

会期 2007年6月29日(金)-2007年8月26日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館、翌7月17日(火)は休館)
観覧料 一般/800(600)円
高校・大学生/500(300)円
小・中学生/無料
【主催】 愛知県美術館、岐阜県美術館、三重県立美術館、中日新聞社
【後援】 愛知県・名古屋市各教育委員会
【助成】 財団法人 地域創造

 20世紀美術はその初頭から、次々と新しい造形表現を生み出してきました。それは、一つの道筋にそって多くの作品が整然と並んでいるというより、あたかも多種多様な木が生い茂る森のようです。そこには、人間の内なる世界に目を向け、絵画や彫刻の造形そのものに直接には表しにくい、いわば見えないものを表現しようとした作家たちの作品があります。この展覧会では、20世紀美術の多様な美術作品の中から、いまだ言葉にならないような声を響かせている作品を集めました。それらの作品が作り出す「森」のなかを散策するかのように鑑賞いただく展覧会とします。

 この展覧会は、岐阜県美術館、三重県立美術館、愛知県美術館の三県立美術館が協同して開催するもので、各館のコレクションによって構成されます。

■企画展関連イベント
記念講演会(座談会)

「美術館がコレクションすることの意義とその活用をめぐって」
日時:2007年7月7日(土)13:30〜15:00(開場は13:00)
講師:牧野研一郎(愛知県美術館長)
    古川秀昭(岐阜県美術館長)
    井上隆邦(三重県立美術館長)
司会:村田真宏(愛知県美術館企画業務課長)
会場:愛知芸術文化センター12階 アートスペースA


ギャラリー・トーク(学芸員による説明会)
日時:2007年6月30日(土)、7月14日(土)、7月28日(土)、8月18日(土)
いずれも11:00〜11:50


夏休み子ども鑑賞会「森」
企画展「20世紀美術の森」の作品鑑賞を中心に、子どもたちと美術作品の森を探検します。鑑賞の手がかりとなるような対話をしながら、作品をよく見ること、そして感じたり考えたりしたことを、言葉で表したり、お互いに聞くことで鑑賞のおもしろさを体験します。