過去の企画展

過去の企画展

愉しき家

会期 2006年8月4日(金)−10月1日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日 (ただし9月18日(月・祝)は開館、翌日9月19日(火)が休館)
観覧料 一般/1000(800)円
高校・大学生/700(500)円
小・中学生/無料

 「家」のかたちやイメージは、20世紀以降の絵画や彫刻、写真などの表現にしばしば登場します。「家」の外観はさまざまであっても、壁と屋根で囲われ、窓や扉の開口部のみ外側とつながる室内は、子どもにとっても大人にとっても私的で特別な場所です。本展では、絵画、彫刻、映像、建築などの分野で国内外で活躍する17人の作家の「家」をテーマにした作品を紹介します。現代人にとって「家」とは何かを改めて問いかけつつ、展示室内を訪ね歩きながら、愉しもうとするものです。

 新作(東恩納、森北、中尾、西野、やなぎ)を含む、インスタレーション2件、立体23件、絵画11点、素描5点、写真33点、映像3点の、約80点の作品でさまざまなメディアとスケールで構成されます。


[ 出品作家 ]
東恩納裕一 / 小林のりお / 小林孝亘 / ヴォルフガング・ライプ / 正木 隆 / ゴードン・マッタ=クラーク / 森北 伸 / N55 / 中村一美 / 中尾 寛 / 西野 達 / 乃美希久子 / さわひらき / 塩田千春 / ミハ・ウルマン / 牛嶋 均 / やなぎみわ

■企画展関連イベント
記念講演会:「旅する家」
やなぎみわ(出品作家)
日時:2006年9月2日(土)13:30〜15:00
会場:愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
定員会場:150名


記念講演会:「忘却の写真論−変容する風景と写真−」

小林のりお(写真家)×大嶋浩(写真評論家)
日時:2006年9月9日(土)13:30〜15:00
会場:愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
定員会場:150名


ワークショップ「わたしたちのたのしい家」

木や布やセロハンなどいろいろな材料で家を組み立てます。

日時:2006年8月19日(土)・20日(日)〈2日間〉10:00〜15:00
場所:愛知芸術文化センター12階アートスペースA(19日)、アートスペースE・F(20日)
講師:森北伸(出品作家)
対象:2日間通して参加できる小学1〜4年生25人
持参するもの:弁当、飲み物


パフォーマンス「息づく家」

日時:2006年9月10日(日)11:30〜13:00、14:30〜16:00〈2回公演〉
出演:ジャン・サスポータス(ダンサー)&鈴木俊哉(リコーダー)、倉知可英+高木理恵+石川雅実(ダンサー)&中村新+田口美郷(パーカッション)、山崎広太(ダンサー)&齋藤徹(コントラバス)


ギャラリートーク(学芸員による説明会)

日時:2006年8月12日(土)・8月26日(土)・9月16日(土)・9月23日(土)11:00〜12:00