過去の企画展

過去の企画展

自然をめぐる千年の旅 ―山水から風景へ―

会期 2005年3月1日[金]−2005年5月8日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00‐18:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし3月21日[月・祝]は開館)、3月22日[火]
観覧料 一般/1200(1000)円
高校・大学生/900(700)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 財団法人2005年日本国際博覧会協会/愛知県/愛知県美術館/中日新聞社/NHK名古屋放送局/NHK中部ブレーンズ/日本経済新聞社
【特別協力】 文化庁/独立行政法人国立博物館/独立行政法人国立美術館/独立行政法人文化財研究所
【後援】 愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会

 「自然の叡智」をメインテーマとする2005年日本国際博覧会(愛・地球博)。その開幕にあわせて開催する本展覧会は、古代から近代まで千年以上にわたる日本人と自然との関わりを、日本美術の名品によってたどるものです。海に囲まれ、緑と四季の変化に富む日本では、いわゆる山水画や風景画に限らず各時代の多様な美術作品の中に、人々の自然観が豊かに表現されています。この展覧会では、大陸経由の仏教文化が花開いた奈良時代から、西洋近代文明が移入された明治期そして昭和に至る各時代の重要な絵画作品を中心に、絵画的意匠を施された工芸作品をあわせ、5つのテーマに分けて紹介します。

 この展覧会は、愛・地球博を機に愛知県を訪れる国内外の人々に、日本美術の歴史的名品の数々を一堂で観られるまたとない機会を提供するとともに、自然と密着して生きてきた日本人の姿を再認識していただく場ともなることでしょう。

■企画展関連イベント
記念連続講演会

・ 第1回 「桜花をめぐって―美術と文学」

[講師] 中西進氏(京都市立芸術大学学長)、辻惟雄氏(東京大学名誉教授)
[日時] 2005年3月19日[土] 13:30-16:30
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

・ 第2回 「美術の中の自然」

[講師] 千足伸行氏(成城大学教授)、小林忠氏(学習院大学教授)
[日時] 2005年4月2日[土] 13:30-16:30
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

・ 第3回 「風景の成立をめぐって」

[講師] 北澤憲昭氏(跡見学園女子大学教授)、山梨絵美子氏(東京文化財研究所情報調整室長)
[日時] 2005年4月16日[土] 13:30-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※いずれも聴講無料。


スライド・レクチャー(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2005年3月24日[木]、3月31日[木]、4月7日[木]、4月14日[木]、4月23日[土]、4月28日[木]
[時間] 各回 13:30-14:30