過去の企画展

過去の企画展

全館所蔵作品展 境界をこえてー20世紀の美術

会期 2004年12月18日[土]−2005年2月13日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし1月10日[月・祝]は開館)、12月28日[火]から1月2日[日]、1月11日[火]
観覧料 一般/500(400)円
高校・大学生/300(240)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。

 外国との盛んな交流、絵画と版画など異なるジャンル間での技法の転用、多様な素材やものの組み合わせなど、20世紀にはさまざまな「境界」を自由に横断する美術の実験が行われ、美術表現の領域を大きく広げました。そうした境界をこえていった20世紀美術の魅力を、愛知県美術館のコレクションで紹介します。

■企画展関連イベント
レクチャー&トーク《現代作家 自作を語る》シリーズ
 第2回 辰野登恵子(画家)
[レクチャー] 2004年12月18日[土] 13:30- 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
[トーク] 2004年12月18日[土] 14:45- 愛知県美術館10階展示室

※聴講無料・事前申し込み不要。ただしトークへの参加には観覧券が必要。

※2003年度以降不定期で行ってきた《現代作家 自作を語る》シリーズの第2回を、本展覧会の関連イベントとして行いました。


連続講座 「愛知県美術館のコレクション研究」

・ 第1回 「クリムト《人生は戦いなり(黄金の騎士)》」

[講師] 栗田秀法(名古屋芸術大学助教授)
[日時] 2005年1月8日(土) 14:00-

・ 第2回 「クレー《蛾の踊り》」

[講師] 寺門臨太郎(筑波大学大学院講師)
[日時] 2005年1月22日(土) 14:00-

・ 第3回 「エルンスト《ポーランドの騎士》」

[講師] 村上博哉(愛知県美術館主任学芸員)
[日時] 2005年2月4日(金) 18:00-

※会場は、各回ともアートスペースA(愛知芸術文化センター12階)。
※各回とも聴講無料・事前申し込み不要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2004年12月21日[火]、2005年1月14日[金]、1月27日[木]、2月10日[木]
[時間] 1月14日のみ18:00-19:00、その他の日は11:00-12:00

※聴講無料。ただし観覧券が必要。