過去の企画展

過去の企画展

木村定三コレクションによる 熊谷守一展

会期 2004年10月8日[金]−2004年12月5日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし10月11日[月・祝]は開館)、10月12日[火]
観覧料 一般/800(600)円
高校・大学生/500(300)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 愛知県美術館/日本経済新聞社
【後援】 愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会

 1913(大正2)年名古屋に生まれ、昨年他界された木村定三氏は、知る人ぞ知る美術収集家でした。愛知県美術館が寄贈を受けた3,000点を超える木村定三コレクションのなかで、熊谷守一の作品は質量ともに傑出しています。熊谷守一(1880‐1977)は、戦後に画壇や俗世間から離れ、明快な輪郭線と平滑な色面による独自のスタイルを確立して、身の回りの動植物などを描き続けました。昭和13(1938)年、25歳の木村氏は、当時まだ一般にはほとんど名前の知られていなかった58歳の熊谷と出会ってその作品に惚れ込み、その後二人の親交は熊谷が97歳で亡くなるまで続きます。この長きにわたる親交を通じて、油彩作品の代表作はもとより、日本画や書、彫刻等200点を超える作品が収集されました。その作品群は、熊谷芸術の奥深さを知ることのできるまたとないコレクションとなっています。本展覧会では、この木村定三コレクションの熊谷守一の作品群を、未公開作品を含めて一堂に公開いたします。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「熊谷守一の芸術」
[講師] 山脇一夫氏(金城学院大学教授)
[日時] 2004年10月16日[土] 13:30-15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申し込みが必要。


記念講演会
 「父、守一を語る」
[講師] 熊谷かや氏(守一次女、熊谷守一美術館館主)
[聞き手] 村田眞宏(愛知県美術館美術課長)
[日時] 2004年11月13日[土] 13:30-15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申し込みが必要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2004年10月15日[金]、10月21日[木]、11月2日[火]、11月18日[木]
[時間] 10月15日のみ18:00-19:00、その他の日は11:00-12:00

※聴講無料。ただし観覧券が必要。