過去の企画展

過去の企画展

野見山暁治展

会期 2004年6月4日[金]−2004年7月19日[月・祝]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし7月19日[月・祝]は開館)
観覧料 一般/1000(800)円
高校・大学生/700(500)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。

 野見山暁治(1920年生まれ)の作品はつねに身近な自然やモノから出発しますが、現象の表面を追うのではなく、内部に深く切り込んで、そこに内在する生命を引き出そうとします。解体が繰り返されるなかから生み出されるその画面は、対象の具体的なあとをとどめないのですが、そのことがかえってその存在の気配や重みを感じさせ、見る者の心を揺さぶります。

 この展覧会は野見山暁治の初期から最近作にいたる油彩70点、素描20点を<ボタ山の再発見―自然と人工のせめぎあい>、<ヨーロッパ―日本 かたちへのとまどい>、<空、海、風―うつろう自然と向き合って>の3章に分けて展観します。対象の奥底をみつめる画家の視線やイマジネーション、その自由な造形をお楽しみください。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「野見山暁治の絵 あるいは<風景>について」
[講師] 市川政憲(愛知県美術館館長)
[日時] 2004年6月5日[土] 13:30-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申込みが必要。


記念講演会
 「自作を語る」
[講師] 野見山暁治氏
[日時] 2004年6月12日[土] 13:30-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申込みが必要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2004年6月19日[土]、6月26日[土]、7月2日[金]、7月10日[土]
[時間] 7月2日のみ18:00-19:00、その他の回は11:00-12:00

※聴講無料。ただし観覧券が必要。