過去の企画展

過去の企画展

日本の戦後美術展

会期 2004年3月6日[土]−2004年3月28日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般/500(400)円
高校・大学生/300(240)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。

 1945年の敗戦で、社会批判を含む自由な美術表現が再び可能になりました。戦争体験をくぐり抜けた美術家たちは自らの体験を反芻しつつ、個の自由な表現を求めて活発な制作活動を1950年前後から再開しました。美術家たちの意気込みは1960年代に入っても変わらず、欧米の美術動向の吸収に貪欲な若い美術家たちも加わって、より自由な表現、より個性的な表現を作り出すべく、さまざまな実験と冒険が繰り返されました。

 喧騒とエネルギーに満ちた20年間の諸相を愛知県美術館のコレクションでご紹介します。

■企画展関連イベント
ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2004年3月13日[土]、3月27日[土]
[時間] 各回 11:00-

※聴講無料。ただし観覧券が必要。