過去の企画展

過去の企画展

菱田春草展

会期 2003年4月11日[金]−2003年5月18日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00‐18:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし5月5日[月・祝]は開館)、5月6日[火]
観覧料 一般/1000(800)円
高校・大学生/700(500)円
小・中学生/400(200)円
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 愛知県美術館/中日新聞/東海テレビ放送
【後援】 愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市教育委員会

 菱田春草(1874-1911)は、明治期後半に盟友、横山大観とともに日本画の理想を求めて制作した画家として知られています。彼は東京美術学校在学中から傑出した創作力をあらわし、卒業後程なくして母校で教鞭をとるようになりました。そして岡倉天心や橋本雅邦が中心となって創立した日本美術院に参加し、横山大観らとともに新しい日本画表現の可能性に挑戦して、ついに伝統絵画の線描を捨て、色のぼかしの効果をいかしたいわゆる「朦朧体」の表現を試みるようになりました。この試みは当時の美術界ではほとんど理解されることもなく、彼らは不遇の時期を過ごさねばなりませんでした。しかし、そのなかで春草はみずから朦朧体の限界を克服し、まさに近代の日本画と呼ぶにふさわしい絵画を完成させていきました。《賢首菩薩》《落葉》《黒き猫》などは、彼が日本画の理想を追求するなかで生み出した不朽の名作ということができます。

 この展覧会では、36歳で若くしてその生涯を閉じた菱田春草の初期から晩年までの制作をその代表作によってご紹介します。特に春草が目の病と闘いながら制作を続けた名作《落葉》については、未完成の作品を含めて遺された5点の《落葉》すべてを展示し、それぞれの作品に込められた春草の制作の秘密にせまります。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「菱田春草の世界―名作《落葉》をめぐって」
[講師] 村田眞宏(愛知県美術館美術課長)
[日時] 2003年5月3日[土・祝] 13:30-15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申込みが必要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2003年4月17日[木]、4月19日[土]、5月8日[木]、5月10日[土]
[時間] 各回 10:30-

※聴講無料。ただし観覧券が必要。