過去の企画展

過去の企画展

開館10周年記念 中西夏之展 広さと近さ―絵の姿形

会期 2002年12月20日[金]−2003年2月23日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし12月23日[月・祝]、1月13日[月]は開館)、12月24日[火]、12月28日[土]〜1月3日[金]、1月14日[火]
観覧料 一般/1000(800)円
高校・大学生/700(500)円
小・中学生/400(200)円
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 愛知県美術館/朝日新聞社
【後援】 愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市教育委員会
【助成】 (財)地域創造

 歴史の最先端にある「絵画の現在」を示すものとして、この中西夏之展を開催します。

 中西夏之(1935年生まれ)は1960年代後半、絵画がこの世界や人間に対して持つ意味から問い直し、絵画を再構成する作業に取り組みました。《K・T像》(1966)や《山頂の石蹴り》(1969-71)などの連作には、現実的・立体的なイメージと絵画平面との関係、水平と垂直、色彩、材料と技法といった、絵画の諸要素に関する様々な試行が盛り込まれています。この前後のハイレッド・センター(1962-64)における行為の匿名性と直接性や、舞踏空間への共同作業(1965-)なども、彼にとっては絵画のためのものでした。

 画布に竹弓をとりつけた《弓形が触れて》(1978)や、柄の長い筆を用い「遠隔操作」の意識で描かれた1980年代以降の作品では、絵の「姿形」や「場所」、身体との関係などへの考察が表されました。そして現在まで連綿と続く《紫・むらさき》《白・緑より白く》《G/Z HOHO群》《4ツの始まり》などの各シリーズでは、選び抜かれた色彩の特質と相互関係や、画面の構造といった問題の深部が次々に洗い出され、解き明かされています。こうした中西の作品は高い洗練と完成度、魅惑的な美しさを具えるとともに、それらを超え絵画が存在する意義を証すにふさわしいものを放射しています。

 美術館での大規模な中西夏之展として4回目となる本展では、初期作品から未発表の最新作にわたる中西の絵画追及のさまを初めて大観します。約90点の油彩作品とそれらの「場」、そしてインスタレーション的作品《二箇所》(2001)によって絵画を「体験」していただき、絵画が、私たちが共に生きるために歴史を貫いてゆく力であるということを、新たに共有したいと願っています。

■企画展関連イベント
記念講演会
 「中西夏之の絵画」
[講師] 本江邦夫(多摩美術大学教授)
[日時] 2003年1月25日[土] 13:30-15:00
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※聴講無料。事前申し込みが必要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2003年1月11日[土]、1月18日[土]、1月31日[金]、2月7日[金]、2月15日[土]、2月18日[火]
[時間] 1月18日と2月15日は11:00−、2月7日は18:00−、その他の日は14:00−

※聴講無料。ただし観覧券が必要。