過去の企画展

過去の企画展

メルツバッハー・コレクション展

会期 2001年4月13日[金]−5月27日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし4月30日[月・振休]は開館)、5月1日[火]
観覧料 一般/1200(1000)円
高校・大学生/900(700)円
小・中学生/600(400)円
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 愛知県美術館/中日新聞社/中部日本放送
【後援】 スイス大使館/愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市教育委員会
【協力】 日本航空

 スイスの実業家、ヴェルナー・メルツバッハー夫妻が三十年以上にわたって作りあげた近代美術のコレクションは、非公開の個人コレクションとしては世界の最高水準にあり、第一級の近代美術館に匹敵するほどの質の高さを誇っています。

 メルツバッハー夫妻の収集対象は19世紀後半から20世紀全般におよび、モネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなど印象派・後期印象派の画家たちの優品や、ピカソ、モディリアーニ、クレーらの傑作、さらにイタリア未来派やロシア・アヴァンギャルドなど20世紀前半の前衛的な諸傾向の作品も集められています。特に注目されるのは、マティス、ドラン、ブラック、ヴラマンクに代表されるフランスのフォーヴィズムと、キルヒナー、ノルデ、カンディンスキー、マルクなどのドイツ表現主義の作品が、質量ともに充実していることです。色彩の鮮やかな絵画を愛好するメルツバッハー夫妻は、20世紀初頭に色彩の解放をなしとげた画家たちの作品に、強い関心を向けてきました。今日、夫妻のコレクションは、フォーヴィズムと表現主義の絵画に関する世界最大のコレクションのひとつと見なされています。

 この展覧会には、印象派から1950年代まで、メルツバッハー・コレクションから精選したヨーロッパ近代の名作、約80点が展示されます。超一流のコレクターが編成した色鮮やかな名画のオーケストラをお楽しみください。

■企画展関連イベント
ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2001年4月14日[土]、4月21日[土]、4月27日[金]、5月11日[金]、5月18日[金]、5月25日[金]
[時間] 各回 11:00−

※聴講無料。ただし観覧券が必要。