過去の企画展

過去の企画展

アメリカン・ドリームの世紀展

会期 2000年11月23日[木・祝]−2001年1月28日[日]
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00-18:00 金曜日は20:00まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(1月8日[月・祝]は開館)、12月28日から1月3日、1月9日
観覧料 一般/1100(900)円
高校・大学生/800(600)円
小・中学生/500(300)円
※( )内は前売り、および20名以上の団体料金。
【主催】 愛知県美術館/中日新聞社/東海テレビ放送
【後援】 アメリカ大使館/愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市各教育委員会
【特別協賛】 中京コカ・コーラボトリング株式会社
【協力】 日本航空

 「アメリカン・ドリームの世紀」と銘打ったこの企画は、大量生産と大量消費を土台として生まれた数々の出品物を通して、「アメリカの世紀」とも形容される20世紀を振り返る機会をご提供しようとするものです。展示物は、美術作品だけでなく、T型フォードからマッキントッシュのコンピュータにいたる工業製品や、写真、レコード・ジャケット、テレビ映像など、日ごろ美術館ではお目にかかれない物も数多く、日本人の見た「輝くアメリカ」を感じ取っていただけることと思います。

 わたしたち日本人にとって、「アメリカン・ドリーム」という言葉は、単に物質的なサクセス・ストーリーというだけでなく、「自由」や「平等」といった理念のうえに光彩を放つ未来像をイメージさせる響きをもっています。第二次世界大戦後の日本人にとってアメリカとは、自分たちとはまったく違う理念のもとに社会を構築し、食料品をはじめとする生活必需品から家電品や自動車など耐久消費財にあふれ、豊かな生活を謳歌する夢の国にほかならなかったのです。

 今回の展覧会では、アメリカが最も「アメリカン」なイメージに光り輝いていた1950年代と60年代はもちろんのこと、その原型が形作られた1920年代以降の物を一堂に集めました。現代の日本人の生活にしっかりと息づいているアメリカを実感していただけるとともに、アメリカに対する新たな驚きと興味をかきたてられることでしょう。

■企画展関連イベント
トーク+演奏+レコード鑑賞 「ジャズの楽しみ」
[出演] 内田 修、森 剣治、和田 直
[日時] 2000年12月10日[日] 14:00-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※入場無料


映画上映+展覧会説明(当館学芸員)

「アメリカン・グラフィティ」

[日時] 2000年12月23日[土] 13:30-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※入場無料。事前申込みが必要。

「イージー・ライダー」

[日時] 2001年1月6日[土] 13:30-
[会場] 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA

※入場無料。事前申込みが必要。


ギャラリー・トーク(学芸員による展示作品説明会)
[開催日] 2000年11月25日[土]、12月9日[土]、2001年1月6日[土]
[時間] 各回 10:30−

※聴講無料。ただし展覧会入場券が必要。