ARCHとは

現在の展示

APMoA Project, ARCH vol. 21 MIZUE Mirai 水江未来 DREAMLAND

水江未来
《DREAMLAND》
2017年 デジタル・ビデオ

水江未来(みずえ・みらい、1981年東京生まれ)は、インディペンデント・アニメーション作家として、既に10年以上の活動を続け、アヌシー(フランス)、ザグレブ(クロアチア)、オタワ(カナダ)、広島の、いわゆる四大アニメーション映画祭のすべてに出品を果たすなど、国際的に実力を認められています。

現在、日本のインディペンデント・アニメーションは活況で、毎年のように若く新しい作家が輩出されています。これらの作品は多くのTVアニメに見られるような、明解な物語性から脱したものが多数存在しますが、人間や動物をモチーフにしたキャラクターが登場し、作品を進行させてゆくパターンが多いのも事実です。こうした中にあって、一貫して抽象的な形態をモチーフに制作を続けている水江は、インディペンデント・アニメーションの世界でも稀有な存在であるといえます。

水江の作品は、その描写を細胞レベルから説き起こしている点に特色があります。細胞の増殖や新陳代謝という生命活動をベースにしたアニメーション表現はヴィヴィッドであり、描くことそのものの勢いを感じさせます。そしてその勢いが、作品展開におけるイメージの連鎖と飛躍につながっているといえます。さらに本展で初公開される新作《DREAMLAND》では、生命の循環というモチーフが、人間の創造物である建築や都市のレベルへと展開しています。

本展は国際映画祭の常連作家となった水江が、公立美術館で行う初めて手掛けるインスタレーションとなります。抽象アニメーションをベースに、それを空間的な方向へ展開しようとする今回の試みは、彼の新しい可能性を切り開く第一歩となるでしょう。

水江未来(みずえ・みらい)
1981年 福岡県生まれ
2005年 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業
2007年 多摩美術大学大学院デザイン専攻修了
埼玉県在住

会期

2017年4 月7日(金)―5月28日(日)

会場

愛知県美術館〔愛知芸術文化センター10階〕 展示室6ほか

開館時間

10:00-18:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)

休館日

毎週月曜日

観覧料

一般500(400)円/高校・大学生300(240)円/中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金。

※上記料金で、コレクション展もご覧いただけます。フィンランド・デザイン展は料金別設定。

※下記に該当する方は無料です。
1. 学校行事として来館する高校生および引率者。
2. 「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」のいずれかをお持ちの方。また、その手帳に「1種」または「1級」と記載のある方に付き添われる方1名(美術館チケット売場で手帳をお示しになり、付き添いの方はお申し出ください)。
[企画] 越後谷卓司(愛知県美術館主任学芸員)

アーティスト・トーク (作家による展示説明会)

[日時] 2017年4月7日(金) 18:00 - 19:30
[会場] 愛知芸術文化センター12階アートスペースE・F

※申込み不要、チケットお持ちの上、会場にお集まりください。

同時開催企画展  フィンランド・デザイン展