教育プログラム

概要

愛知県美術館では、児童・生徒のみなさんから一般の方、さらには視覚に障がいをお持ちの方まで幅広い皆様が美術に親しみ、楽しく、より深くご理解していただけるように、各種の教育普及プログラムを行っています。


一般の方へのプログラム

  • 企画展ごとに、開催展覧会に関する講演会、学芸員による展示説明会などを行なっています。くわしくは企画展のページをご覧ください。
     →企画展関連イベント
  • 20名以上の団体でのご来館時の対応(美術館ガイダンス、学芸員による解説など)を、随時、ご希望にあわせて行なっています。「団体鑑賞申込書」にて事前にお申込みください。
     →団体鑑賞申込書
  • コレクション展示室では、一般向けの「解説カード」を配布しています。企画展示室では当該企画展の「鑑賞ガイド」を配布しています。


博物館学芸員資格取得のための博物館実習を受入れ、指導を行っています。

美術館では、視覚に障がいをお持ちの方にも美術鑑賞をお楽しみいただくため、ガイドボランティアと学芸員が連係して、年に数回プログラムを実施しています。立体コピーや点字解説文などをご用意しています。

愛知県美術館から遠い地域にお住まいの方のために、年に一度所蔵品をその地域の施設で公開する「移動美術館」を開催しています。移動美術館では一般向けの記念講演会、ギャラリートークを開催したり、その地域の小中学校の児童・生徒の皆さんにクラス単位で鑑賞していただいたりしています。

機器による情報提供

< ビデオ番組 >
美術館ロビーにあるビデオテークでは、愛知県美術館の所蔵作家・作品、また美術の歴史一般についてのビデオ番組や、展覧会に際して独自に制作したビデオ番組をご覧になれます。